南西急行電鉄研究会

6200系

6200系/tc6200.gif
6200系先頭部

6200系/6200side.gif
6200系側面・車内

6200系/list6200y.gif
6200系所属車両一覧(八浦所属)
6200系/list6200m.gif
6200系所属車両一覧(御幸台所属)

6200系/6200F.gif
6200系編成構成

1.概要

 6200系は臨時用車両を示す6000番台の形式称号を与えられているが、平成27年度末現在ではカテゴリーとしては一般用車両として扱われる。現有車両の出自は以下のとおり。全64両の半数ずつが八浦検車区御幸台検車区に所属している。

平成17年度車16両
5400系後期車として、3000系5200系の大規模修繕工事に伴う予備車確保用に投入された。よって当初は急行用車両であった。平成24年度に団体臨時列車対応の改造を受け、一般用車両として6200系に改番された。
平成20年度車32両
5400系後期車として、6000系で運用されていた快急区急の置換用に投入された。このグループももともとは急行用車両であり、平成24年度に団体臨時列車対応の改造を受け、一般用車両として6200系に改番された。
平成26年度車16両
新線目黒台線開業向けの増備車という名目で、当初から6200系として新造された。このロットはシングルアームパンタグラフを装備。

2.主な仕様

 5400系のマイナーチェンジ車として登場し、機械としての仕様はほぼ同一であるが、先頭部前照灯のHID化と位置変更を行い、行先表示器にフルカラーLEDを全面採用して新造された。また、ドア間のシートは全て回転クロスシート(リクライニングはできない)となってシート背面にテーブルが備わり、シートピッチも5400系前期車の850mmに対して900mmに拡大され居住性が大きく改善されている。これは企画段階から6000系に替わって団体臨時列車用車両としても使用することが想定されていたことによる。ただし、設計の途中で7600系建造が決定してトイレの設置が見送られ、長距離運用には使えなくなった。

 しかし、平成25年度から特急用車両置換の施策が始まり、団体列車に充当できる特急車が確保できなくなることから、その代替用として平成24年度に後付けの改造が行われて6200系に改番された。このあたり、車両施策が営業施策に振り回された観があり、余計な手間とコストがかかったことについて、南西急行の車両部門には「最初っからそのように造っておけばよかったものを…!」との声もある。

 6200系化にあたっては、バリアフリートイレ・男子用トイレ・洗面台を2・6号車に装備し、車端部の座席をロングシートからボックスシート(ピッチは1700mm)に変更。また、車体中央の乗降扉付近に補助席を8席設けて着席定員を増やしている。補助席は通常は乗務員室のスイッチ操作でロックされており、団体列車に充当される時だけ使用できる。その際には中央の扉(区別のため黄色になっている)は閉状態で固定され2扉車として扱われる八浦鉄道6000系で採用された機構と同じ)

 本形式はあくまで一般用車両として位置づけられているが、外観が同一で車内仕様が著しく異なる2200系との区別を考慮し、車体帯は臨時用車両の紺+ピンクとなっている。

3.車両の運用

 本形式は、通常は2200系と共通で運用されるが、団体列車としての運用がある場合には平日朝ラッシュ時の新八浦矢積渋谷快急に優先的に充当されいわゆるB運用、東京側から出発する団体列車の運用をこなしてから再び上京し、夕方ラッシュ時の区急で八浦・矢積に帰ってくる、という動き方をする。

 臨時用車両のグループに6400系が増備されたことで、本形式の団体列車運用は減りそうなものだが、実はそうではない。これは、団体列車の中で最も需要が大きい、平日朝ラッシュ時の東京口発の列車に充当する車両が上記の運用でしか送り込めないからで、6200系の存在意義はまさにその一点にある(前日に目黒台運転所に送り込んでおいて旗塚駅の7・8番線から出発させる方法もあるが、車両・乗務員の運用が非常に面倒であり、南西急行社内では忌避される)

 本形式は、別に述べたように東京口の快速急行系の運用に突然充当されることがしばしばあり、他の車種より居住性に優れることから乗客からは「当り」と言われて人気がある。南西急行としてはかつての6000系のような「他の車種と仕様が違いすぎて車両走行キロが伸びず非効率になる」という事態を避けたいところであり、当面はこのような運用が続くものと思われる(8編成も必要か?という内部の意見もあるようだが)

4.妄想の解説

 オールクロスシート、団体列車運用の場合のみ使用できる補助席…というわけで、この車両は簡単に言えば近鉄5200系へのオマージュです。本家は後年の改修工事で当初の仕様を失ってしまいましたが、こちらはむしろこれからそういう車両が必要になるという設定です。


種別現有車両退役車両旧世代車両
通勤用車両1600系 8連×19本=152両
1800系 8連×16本=128両
1000系
1400系
一般用車両2200系 8連×16本=128両
2600系 4連×32本=128両
6200系 8連×08本=064両
2000系
5000系
4600系4200系
4800系4400系
急行用車両3200系 8連×14本=112両
5200系 8連×14本=112両
5400系 8連×12本=096両
2000系
5000系
3000系
4000系(快速用)
臨時用車両6400系 4連×13本=052両
7600系 4連×08本=032両
6000系
特急用車両7400系 8連×13本=104両
7800系 8連×14本=112両
7000系
7200系
8000系


最近の更新
アクセス数
累計: 437316
本日: 671
昨日: 4205
一昨日: 4513

Contents