南西急行電鉄研究会

4800系


4800系/tc4800.gif
4800系(旧水澄鉄道7000系)先頭部

4800系/4800side.gif
4800系(旧水澄鉄道7000系)側面・車内

1.概要

 4800系の旧称は7000系。国鉄165系をベースに設計された2扉クロスシート車で、水澄鉄道が昭和40~42年に20編成建造した。編成構成等の仕様は同時期に登場した青海100系と極めて類似しているが、扉と窓の配置には相違点がある。関係者の証言等を総合すると、水澄7000系と青海100系は水澄鉄道青海鉄道の車両担当者が協議して、車体のみが異なる兄弟車として設計されたようである。どちらがどちらのコピーなのか、は、今となってはよく分からない。

2.3扉化改造

 青海鉄道100系と同じ事情で、昭和51~53年度に全20編成中12編成が3扉仕様の4400系に改造された。

3.2扉車のその後

 3扉化されなかった8編成は改番されて4800系となり、水澄線ローカルの逆ラッシュ運用や修学旅行用として使用された。上の図版は昭和53~55年度に運転関係機器の仕様共通化、冷房化改造・行先表示器・トイレの新設(M車のみ)の取付が行われた後の姿であり、4400系との区別のため、登場当初の塗色を保っている。4600系と同様、平成5年度に全廃された。


種別現有車両退役車両旧世代車両
通勤用車両1600系 8連×19本=152両
1800系 8連×16本=128両
1000系
1400系
一般用車両2200系 8連×16本=128両
2600系 4連×32本=128両
6200系 8連×08本=064両
2000系
5000系
4600系4200系
4800系4400系
急行用車両3200系 8連×14本=112両
5200系 8連×14本=112両
5400系 8連×12本=096両
2000系
5000系
3000系
4000系(快速用)
臨時用車両6400系 4連×13本=052両
7600系 4連×08本=032両
6000系
特急用車両7400系 8連×13本=104両
7800系 8連×14本=112両
7000系
7200系
8000系


最近の更新
アクセス数
累計: 414343
本日: 3254
昨日: 4113
一昨日: 5826

Contents