南西急行電鉄研究会

4200系


4200系/tc4200.gif
4200系先頭

4200系/4200side.gif
4200系側面・車内

1.概要

 4600系(旧青海100系)は2扉車という仕様が災いし、朝のラッシュ時には乗降に時間を要してダイヤ乱れの原因となっていた。その点を改善すべく、昭和51~53年にかけて4両16編成が3扉セミクロスシート車仕様に改造されて登場したのが4200系である(その時点で青海鉄道はすでに南西急行に統合されていたので青海鉄道所属車としての形式番号は無い)

2.改造工事

 4600系の車体中央部2ボックス分の座席を撤去して扉を増設。同時に、冷房装置の搭載、行先表示器の設置等のサービスレベル向上が図られている。

 新たに戸袋となった部分は、扉の増設と冷房装置の搭載によって鋼体の補強が必要となり、窓を設けられず、乗客からは「圧迫感がある」と不評であった。もともと本形式は、デザイン上の理由でボックスシート用の大寸法の窓を戸袋窓とする車体強度的に不利な構造であり、このような設計にならざるを得なかった。

3.その後の動向

 全16編成が青海線水澄線のローカル運用に使用された。平成9年度の5200系の増備に伴う玉突き転配により6編成が廃車。平成12年度に残る10編成が廃車されて姿を消した。


種別現有車両退役車両旧世代車両
通勤用車両1600系 8連×19本=152両
1800系 8連×16本=128両
1000系
1400系
一般用車両2200系 8連×16本=128両
2600系 4連×32本=128両
6200系 8連×08本=064両
2000系
5000系
4600系4200系
4800系4400系
急行用車両3200系 8連×14本=112両
5200系 8連×14本=112両
5400系 8連×12本=096両
2000系
5000系
3000系
4000系(快速用)
臨時用車両6400系 4連×13本=052両
7600系 4連×08本=032両
6000系
特急用車両7400系 8連×13本=104両
7800系 8連×14本=112両
7000系
7200系
8000系


最近の更新
アクセス数
累計: 241131
本日: 1
昨日: 5025
一昨日: 6681

Contents