南西急行電鉄研究会

2600系

2600系/tc2600.gif
2600系先頭部

2600系/2600side.gif
2600系側面・車内

2600系/list2600y.gif
八浦検車区所属車両
2600系/list2600m.gif
御幸台検車区所属車両

2600系/2600F.gif
2600系編成構成

1.登場の経緯

 2600系は、青海線水澄線一般用車両2000系の置換用として出現した形式である。2000系は44編成もあるので当時は2200・2400台が空いておらず、2600台の番号となった。平成12年に12本48両が登場して以来、平成14年度までに32本128両が投入され2000系を淘汰した。半数ずつが八浦検車区御幸台検車区に所属している。

 それまで、一般用車両は、もともと急行用である2000系5000系が格下げされて使われてきたが、当時の東京線用車である3000系5200系は8両固定編成であり、4両編成で併結が可能な仕様に改造するのは手間もコストも時間も必要であった。そこで、本形式は青海線水澄線に新造投入するように方針が変更された。このことは、お下がりにばかり乗せられてきた両線の乗客から好評を得た。

 平成21年10月ダイヤ改正で一般用車両の運用が4両編成と8両編成に分離され、5000系置換用の後継車2200系は8両固定編成で増備されたため、青海線水澄線普通列車で分割・併合を伴う運用には本形式が必ず充当される。

2.仕様

 本形式は、設計自体は5400系とほとんど同じで、相違点は、4両編成仕様としてM車にパンタグラフを2基搭載していることと、2編成併結に備えて先頭車に電気連結器を装備していることぐらいである。

 先頭部には5400系と同様の非常用扉(貫通扉ではなく)を備えている。南西急行では、地下区間が多い東京線を営業運転する際は乗客の避難路確保のために編成間を貫通させるルールになっているが、「4両+4両の編成は東京線に営業運転で乗り入れる場面はほとんど無いだろう」と割り切ってコストダウンしたのである。

 そのような事情から、本形式の東京線入線は回送運転以外は極力避けられている。なお、必要な場合(例えば一般用8両編成車の運用に代替充当するなど)は非常扉を取り外し、幌を取り付けて貫通させられるが、メチャクチャ手間がかかるため作業環境・要員を確保できる車両基地でしか実施していない。

3.リニューアル

 平成30年度から本形式のリニューアルが開始された。工事の概要は、

  • 先頭部の行先表示器を大型のフルカラーLEDタイプに更新
  • 先頭部前照灯・尾灯を高輝度LEDに交換
  • 車内設備を転換クロスシート仕様から固定セミクロス仕様(2200系と同タイプ)に変更
  • VVVF制御装置・補助電源装置(SIV)・CP等を更新
  • 窓を二重ガラス化した側扉に交換

 等であり、施工前に予想されていた前頭部の貫通扉化は見送られ、パンタグラフもシングルアーム化されていない。車内設備は、2200系の仕様が青海線水澄線の乗客から好評を得たため(特に座席数が8席/両増加する点が喜ばれた)本形式にも拡大することとなった。

2600系/2600系先頭部改.gif
2600系リニューアル車先頭部

2600系/2600系側面・車内改.gif
2600系リニューアル車側面・車内


種別現有車両退役車両旧世代車両
通勤用車両1600系 8連×19本=152両
1800系 8連×16本=128両
1000系
1400系
一般用車両2200系 8連×16本=128両
2600系 4連×32本=128両
6200系 8連×08本=064両
2000系
5000系
4600系4200系
4800系4400系
急行用車両3200系 8連×14本=112両
5200系 8連×14本=112両
5400系 8連×12本=096両
2000系
5000系
3000系
4000系(快速用)
臨時用車両6400系 4連×13本=052両
7600系 4連×08本=032両
6000系
特急用車両7400系 8連×13本=104両
7800系 8連×14本=112両
7000系
7200系
8000系


最近の更新
アクセス数
累計: 427450
本日: 3256
昨日: 3533
一昨日: 3144

Contents