南西急行電鉄研究会

青海運転所

1.概要

 青海運転所は、青海半島の末端に設けられた車両基地である。青海線の特急用車両は、八浦検車区所属・青海運転所常駐という形で、当運転所で仕立整備(清掃、リネン交換、洗浄、給水、汚物抜取など)が行われている。

2.レイアウト

 青海運転所は、扇状地に12線(うち4線は2編成収容)128両分の留置線を有し、入出区線を洗浄線と共用する特異な構造になっている。1~4番線には特急車整備用のサービス・デッキ(車内清掃用の簡易ホーム)とトイレの汚物抜取設備が設けられている。

 青海ヶ浦駅改良に伴い同駅の着発線が1線減ったため、その代替設備として引上線が新設された。
青海運転所/depo-omigaura.gif
青海運転所のレイアウト

車両基地へ戻る


最近の更新
アクセス数
累計: 427812
本日: 3618
昨日: 3533
一昨日: 3144

Contents