南西急行電鉄研究会

車両基地

1.車両基地と検査体系

 南西急行の車両基地は、平成28年末現在、関浜車両所、紅林・八浦・御幸台検車区、目黒台・青海・水澄運転所の計7箇所の体制となっている。車両は車両所・検車区に所属し、運転所は運転・検修関係の現業機関と設備があるのみで所属車両は無い。

 南西急行の車両の検査体系は下表に示すとおりで、車両所ではA・B・C・D検査、検車区ではC・D検査、運転所ではD検査を行う。

周期検査内容
A検査8年以内車両の主要部分を分解し車両の機能全般について行う検査
B検査4年以内車両の電動機・主回路・走り装置・ブレーキ装置・空調等の重要部について行う検査
C検査3ヶ月以内在姿で車両の状態・機能について行う検査
D検査10日以内車両の接客設備および主要部分について行う検査

2.各基地の解説

3.妄想の解説

 基地の内部配線を設定しているのは架空鉄道サイトでは多分ここだけだと思います。筆者も専門家ではないので実は設備的に不足しているものがあるかもしれません。「こんな雰囲気になっている」という程度のものです。留置線数は、夜間の留置車両数+αで算出しました。


Top


最近の更新
アクセス数
累計: 414759
本日: 3670
昨日: 4113
一昨日: 5826

Contents