南西急行電鉄研究会

藤田電留線

1.概要

 藤田電留線は、藤田駅の神津方下り線側に設けられた、東京線(緩行線)神津口の拠点となる施設である。旧京神電鉄時代に、メインたる三泉基地(三泉運転所を参照)に対するサブ基地と位置付けられ、終点の神津駅に極力近い立地が選ばれている。かつてはこの地に京神電鉄の本社があり、現在も南西急行の現業機関が集まっている。留置線は、その現業機関群が入居するビルや南西急行が開発した大型マンション等が立地する人工地盤の下に設けられており、車両が風雨に晒されない点では優れている。

2.レイアウト

藤田電留線/藤田駅電留線.gif
図1 藤田電留線のレイアウト

 12編成を収容可能。神津駅を発着する編成の入出区を考えると、留置線は藤田駅新宿方の下り線側にあるのが理想的だが、用地取得の都合で神津方に配置されている。そこで、運転取扱上の機能を補完するため、下り本線を支障せずに直接神津方へ出区可能な発着線(下り1番線)が設けられている。

 なお、留置線は2区制となっている(これは南西急行の決して褒められない設備方針である)ので、編成は先入れ後出し(いわゆるFirst In Last Out)になる。編成の出区順序を変更するには、中線と同時に、下り本線のホームトラックも引上線として代用しなければならない。この入換作業は通常は行われないが、ダイヤ乱れ等で車両運用が乱れた場合には時折実施される。


藤田電留線/藤田駅電留線旧配線.gif
図2 かつての藤田電留線のレイアウト

 かつての藤田駅は、図2のように上下線のホーム位置がズレていた。上りホーム付近の下り線の海側(図版の上側)には紡績工場の重要設備があって下りホームを設けられなかったためである。第2ホームは非常に幅が狭く安全上の問題があり、通常の上り列車の乗降には第3ホーム(昭和42年に増設された)を使用していたが、配線上の制約から、当駅始発・終着となる列車の発着には第2ホームの上り本線側を使用することもあった。

 変則的な配線ではあるが、この設備は乾駅湾岸新線建設工事によって待避不能になっていたときの代替として非常に有効であった。しかし、湾岸新線全通後は当駅を通過する定期列車が無くなり、ほぼ全ての列車が副本線側を通る不合理が問題となって、平成2~4年度にかけて東京線輸送力増強工事の一環として配線を図1のように改良する工事が施工された。このころには紡績工場も移転しており、跡地の再開発を促進させたい地元の意向もあって、第1ホームが新宿方の下り本線に移設されている。


車両基地へ戻る


最近の更新
アクセス数
累計: 414511
本日: 3422
昨日: 4113
一昨日: 5826

Contents