南西急行電鉄研究会

海浜公園駅

1.概要

海浜公園駅/kaihinkoen.gif

 Kozu Dizney Resortの最寄駅として賑わう、ある意味で南西急行を代表する駅の一つ。駅名の由来となった海浜公園は、湾岸地区開発計画の第一ブロックにあたり、人工海浜・人工森林・植物園・水族館・動物園が一箇所に集まった巨大施設で、駅の南東~南西部に広がっている。KDRは駅の東部にあり、海浜公園の予定用地の一部を割いて誘致された。この二つの施設にホテル群が加わって一大リゾートエリアが形成されている。

 駅は高架3階構造で、3階が2面4線のホーム、2階北側(新宿方)が改札内ショッピングモール、2階南側(美咲方)が駅務スペース、1階北側・南側が改札外ショッピングモール、1階中央部がバスターミナル施設と団体待合室となっている。

 当駅は、平成20年6月ダイヤ改正以降、盛り込みスジの臨Aスジが特急を待避するようになっており、当駅発着の団体・臨時列車を取り扱うには着発線が不足している。そのため、大規模な拡張(3面6線化等)が検討されたが投資があまりにも巨額になるため断念され、代替として隣接の新長坂駅を2面3線化して団体・臨時列車の折り返しや待機に対応させている。

2.時刻表

時刻表平日3・4東京線上り1・2東京線下り
休日3・4東京線上り1・2東京線下り
隣接駅日ノ出町駅新長坂駅

3.妄想の解説

海浜公園駅/kaihinkoen-old.gif
更新前の図版
 大規模テーマパークの最寄駅ということで京葉線の舞浜駅がイメージソースになっていますが、葛西臨海公園駅の機能も兼ねさせていること、2面4線構造であるところが異なっています。2015.02.28の更新で、あまり構造を明確にしていなかった1階の設定を新たに起こしました。


最近の更新
アクセス数
累計: 241139
本日: 9
昨日: 5025
一昨日: 6681

Contents