南西急行電鉄研究会

旧世代車両

快速用青海線一般用水澄線一般用特急用
4000系/4000系登場当初先頭.png
4000系
4600系/4600系先頭.png
4600系
4200系/4200系先頭.png
4200系
4800系/4800系先頭.png
4800系
4400系/4400系先頭.png
4400系
8000系/8000系先頭.png
8000系

 かつて南西急行では、前身3社京神電鉄青海鉄道水澄鉄道が開発・導入した車両を「旧世代車両」と位置付け、湾岸急行電鉄が開発して前身3社が導入した1000系2000系以降の車両を「新世代車両」として区別していた。

 昭和55年の全線直通化の時点で前身3社が保有していたのは京神3000系(のち4000系)青海100系(のち4600系)4200系(青海100系の3扉化改造車)水澄7000系(のち4800系)4400系(水澄7000系の3扉化改造車)の各車種であるが、いずれも仕様的に世代交代が避けられず、2扉車は平成5年度、3扉車は平成12年度までに後継車種に置き換えられていった。

 また、ヨンサントオ協定締結後、青海鉄道と水澄鉄道が共同開発した8000系は平成3年度まで使用された。


最近の更新
アクセス数
累計: 2154775
本日: 1828
昨日: 5321
一昨日: 6033

Contents