南西急行電鉄研究会

急行用車両

toratora.wikiは2023年3月31日をもってサービスを終了します。

退役済車両
2000系/2000系先頭青帯.png
2000系
5000系/5000系先頭.png
5000系
3000系/3000系急行色先頭.png
3000系
現用車両
3200系/3200系先頭.png
3200系
5200系/5200系改先頭.png
5200系
5400系/5400系改先頭.png
5400系
6200系/6200系先頭.png
6200系

 東京線の急行線を主戦場とする車両群を「急行用車両」と呼称し、目黒台線普通快速区快急行区急快急に使用されるほか、青海線水澄線の一部の普通列車も担当する。

 かつて南西急行は、湾岸新線開通後の輸送力不足解消のために投入した5000系以降、急行と快速の車両運用を分離し、それぞれに専用車種を設定していた。しかし、これでは取り扱いが煩雑に過ぎるので平成14年3月ダイヤ改正で両者の運用を統合した。両開き3扉クロスシート仕様の8両編成で揃えられており、新宿口では「とりあえずそこにある編成を充当する」ことで、ダイヤ乱れにも柔軟に対応可能である。

 5200系5400系は平成25(2013)年5月のATC-D切換以降にTSP-ATSの車上装置を撤去しており、TSP-ATS区間である青海線市浜以南、水澄線上原以西には入線できない。平成30(2018)年に登場した3200系3000系置換用は当初からTSP-ATSを搭載していない。

 令和3(2021)年度に、一般用車両の6両編成化に伴い2600系2200系の一部車両を組み合わせて組成された8両編成4本が5400系に編入され5550系と通称される、さらに6200系8両編成8本がこのグループに変更された。この計12本はTSP-ATSを残置し、一般用車両の予備車を兼ねている。

 車両運用に関しては別項を参照


最近の更新
アクセス数
累計: 3280590
本日: 0
昨日: 0
一昨日: 0

Contents