南西急行電鉄研究会

御茶ノ水駅

1.概要

御茶ノ水駅/御茶ノ水駅立体図.png

 谷町線の駅は、昭和55年10月23日、御茶ノ水~北千住間開業により開設された。谷町線ホームは、某有名医系大学のキャンパスの真下、神田川北岸の高台にあるため非常に深く、アクセス性は控えめに言って「悪い」。

 丸の内線と出入口を共用しており、朝ラッシュ時には丸の内線ホームに谷町線からの降車客が流れ込んで混雑する。出入口の増設は何度も検討されたが、地形の関係から高コストが不可避で、どの案も出ると同時に潰された。谷町線の中でも大きな構造的問題を抱える駅である。

2.時刻表

時刻表平日北千住・新東武線方面恵比寿・南西急行線方面
休日北千住・新東武線方面恵比寿・南西急行線方面
隣接駅鳥越駅大手町駅

3.妄想の解説

 当ページの内容は架空のものです。

 当駅の妄想は、いろいろ悩みました。リアル世界で現在進めらているJR駅の改良工事まで含め、地形的に無理でも乗換利便性を考慮した構造にするか。昭和40年代後半の設計であることを考えて「とにかくさっさと造れる構造」にするか。結局、後者の考えで妄想したわけですが、こりゃ実現していたら設計者にはブーイングの嵐だったでしょうね…。


最近の更新
アクセス数
累計: 2154625
本日: 1678
昨日: 5321
一昨日: 6033

Contents