南西急行電鉄研究会

名取駅

1.概要

名取駅/natori.gif

 当駅は青海鉄道時代から2面4線の設備を有していたが、乗降客そのものは少なかった。昭和50年代に入って美咲市が名取ニュータウンの開発を決めたことから急速に発展し、昭和57年には橋上駅舎化されている。その設計は2年後に橋上化された柊台駅にも流用された。

 名取ニュータウンは、それまでの開発住宅地に見られた「昼間人口の減少」の対策として大学が3校も誘致され、学生向けのアパートやマンションが多いことが特徴として挙げられる。また、平日朝には美咲から名取に向かう逆ラッシュ現象も見られる。

2.時刻表

時刻表平日3・4青海線上り1・2青海線下り
休日3・4青海線上り1・2青海線下り
隣接駅勝俣駅南条台駅

3.妄想の解説

 「丘陵地ニュータウンの中心駅が欲しい」という妄想から生まれた駅です。もともと当駅は高架駅と設定していました。しかしどうにもそういうイメージが筆者の中で定着せず、2015.03.07の更新で地平駅に設定しなおしました。



最近の更新
アクセス数
累計: 414476
本日: 3387
昨日: 4113
一昨日: 5826

Contents