南西急行電鉄研究会

企業史研究室

1.南西急行電鉄の成り立ち

企業史研究室/gappei.gif
南西急行の成り立ち

 南西急行電鉄は、昭和43年に締結されたヨンサントオ協定に基づき、京神電鉄青海鉄道水澄鉄道の3社と沿線の自治体および地元企業の出資による第3セクター湾岸急行電鉄を母体とし、それに先の3社が合流し経営統合することで成立している。実質的には京神・青海・水澄の3社が前身である。この前身3社も、地元財界からの出資によって発足しており、南西急行電鉄はいわゆる財閥やカリスマ経営者の力ではなく、多くの人の地道な努力によって発展してきた会社であると言える。

2.社名の由来

 南西急行電鉄は複数の鉄道会社の集合体であるが、そのような企業は出身会社別の派閥争いが発生しがちである。そのため、会社の名称選定にあたっては、社員の意識を一新し新会社としてのイメージを強調すべく「どこの会社にも由来しないこと」が第一条件とされた。そこで、いくつかの候補の中から語感が良いものとして、首都圏の南西部を営業エリアとすることを表わす「南西急行電鉄株式会社」が選定された。

3.南西急行の発展過程

 工事プロジェクトの連続…南西急行の発展過程はまさにこの一言で言い表せよう。図解すると以下のようになる。個々のプロジェクトの概要や経緯についてはそれぞれのリンク先を参照されたい。

年度事柄ダイヤ改正新型車両
S40(1965)05 X県鉄道網再編計画公表4600系
4800系
S41(1966)4000系
S42(1967)
S43(1968)10 ヨンサントオ協定公表・湾岸急行電鉄発足
企業史研究室/step0.gif
昭和43年当時の前身3社の路線
S44(1969)
S45(1970)02 旗塚~紅林間高架切換三泉駅改良
企業史研究室/step1.gif
10 青海鉄道改正
10 水澄鉄道改正
8000系
S46(1971)1000系
S47(1972)10 旗塚~紅林間複々線化・恵比寿支線開業
企業史研究室/step2.gif
102000系
S48(1973)
S49(1974)
S50(1975)03 営団谷町線恵比寿~霞ヶ関間開業・緩行線直通運転開始03
S51(1976)04 南西急行電鉄発足4200系
4400系
S52(1977)10 美咲総合駅使用開始
企業史研究室/step3.gif
S53(1978)05 湾岸新線美咲~新成原間暫定開業
06 東京線 乾複々線化開業
企業史研究室/step4.gif
05 湾岸新線暫定開業
06 乾複々線化
S54(1979)7000系
S55(1980)10 湾岸新線全通
10 黒沢町駅を新神津駅に改称
企業史研究室/step5.gif
10 湾岸新線全通
11 全線直通運転開始
12 直通特急運転開始
1400系
S56(1981)06 営団谷町線全通 南西急行・営団・新東武3者直通運転開始06 ダイヤ改正
S57(1982)5000系
S58(1983)03 東京線急行増発
S59(1984)03 準急の増発
S60(1985)
S61(1986)
S62(1987)07 青海線全線複線化07 急行の速達化
S63(1988)07 御幸台検車区発足
H01(1989)10 八浦駅高架化完成7200系
H02(1990)07 水澄線全線複線化07 特急の増発
H03(1991)12 矢積~御幸台間高架化
企業史研究室/step6.gif
6000系
H04(1992)07 渋谷駅改良工事ホーム部完成
10 美咲駅旗塚駅ホーム増設
10 東京線輸送力増強
10 大増発白紙改正
H05(1993)10 新宿~渋谷間運休1600系
5200系
H06(1994)
H07(1995)
H08(1996)04 新宿駅改良工事完成
H09(1997)10 JRの美咲空港駅乗入開始
企業史研究室/step7.gif
03 ダイヤ改正
 急行線パターン変更
 谷町線通過運転開始
H10(1998)7400系
H11(1999)
H12(2000)5400系
2600系
H13(2001)
H14(2002)03 八浦~新八浦間支線開業・八浦鉄道列車の乗入開始
企業史研究室/step8.gif
03 ダイヤ改正
 急行・快速共通運用化
 緩行線パターン変更等
H15(2003)
H16(2004)12 美咲空港第2ターミナル開業03 ダイヤ改正
H17(2005)
H18(2006)03 神津駅緩行線ホーム改良03 ダイヤ改正7600系
H19(2007)10 美咲空港駅JRホーム新設1800系
H20(2008)03 東急線地下化に伴う香堂駅改良06 急行線千鳥ダイヤ導入2200系
H21(2009)03 紅林総合車両所工場部門閉鎖10 青海線・水澄線改正
H22(2010)10 東京線新宿~砂町間ATC-D化
企業史研究室/step9.gif
H23(2011)06 館川町駅高架化
10 美咲駅エキナカ開業
H24(2012)07 水澄東口駅改良青海ヶ浦駅改良工事完成07 青海・水澄線改正6200系
H25(2013)05 東京線砂町~青海線新八浦・水澄線御幸台間ATC-D化
12 旗塚駅改良工事完成
企業史研究室/step10.gif
07 7800系投入
12 金曜ダイヤ導入等
7800系
H26(2014)07 目黒台線開業
企業史研究室/step11.gif
07 目黒台線開業
H27(2015)07 新長坂駅館川町駅配線改良完成07 緩行・急行接続改善6400系
H28(2016)04 バスタ新宿完成に伴う新宿駅改良

4.妄想の解説

 南西急行電鉄を「既存の鉄道会社に新線を加えて誕生した」と設定した経緯は別項に記載したとおりです。こんにちに至るまでの南西急行の主なできごとをごく簡単にまとめると以下のようになります。

 当研究会は、サイト解説当初はこれらの出来事を年次を追って記載する編年体で設定しておりました。しかし、この方法は後付けの設定を加えたときの修正が大変なので、後に、それぞれのプロジェクトに対してページを設ける一種の紀伝体のような形に変更しました。それを強引に年表の形にすると上表のようになるわけです。



最近の更新
アクセス数
累計: 250715
本日: 725
昨日: 4755
一昨日: 4105

Contents