南西急行電鉄研究会

令和3年3月13日ダイヤ改正

(1)コロナ禍による令和2年度中のダイヤの縮退措置について

 前回の令和2年3月ダイヤ改正は、この年の夏に行われるはずであった"例の巨大スポーツイベント"に備えたイケイケの内容であったが、休校要請の最中に実施され、1回目の緊急事態宣言を受けて4月中旬からダイヤの縮退を行ったため、実際のところ改正ダイヤがまともに実施されたのはたかだか1ヶ月間のことに過ぎない。

A ダイヤの縮退の主な内容

 令和2年度中に実施した縮退ダイヤの主な項目は以下のとおり。

 ☆は令和2年4月21日以降、令和3年3月まで継続されている。★は令和2年6月の緊急事態宣言(1回目)解除に伴い旧に復している。なお、大晦日の終夜運転も中止している。

 青海線水澄線のダイヤ縮退は大規模なもので、即座に実施できたのが不思議なほどだが…実は平成23年の東日本大震災後のいわゆる節電ダイヤ時にも実施されたことがあり、その際のダイヤパターンを適用したため短期間で準備ができたものらしい。

B 車両運用の変更

 コロナ禍による需要減を受けたダイヤ縮退により、車両運用についても大きな変更があった。

B-1 青海線水澄線普通列車の全列車8両化

 日中の特急の区間特急化(南西急行では公式にはこのような表現とはしていないが、当研究会では便宜上このように表現する)急行区急化により可能となった。三密の回避が叫ばれている中で、列車の減便よりも、現実に運転している列車を途中で減車する方が、心理的に「三密を助長する」と受け取られる懸念がある…という政治的判断による。

B-2 臨時用車両の処遇

 ダイヤ縮退によって問題になったのが、例の巨大スポーツイベントによる大需要を見込んで揃えていた6400系7600系の取り扱いであった。特急ひよどりは全列車運休となり、団体列車・増発列車の運転なぞ論外の外の靴の裏という状況であり、さりとて車両基地で留置したままにしておくと機械の通例として「使わないと壊れてしまう」ことになる。

 そこで南西急行では半ばヤケクソの措置として、平日朝の渋谷直通の快急にこれらの臨時用車両を投入した(帰宅時間帯にはその返し運用としての区急にも充当)。また、目黒台線普通列車には3編成が必要だが、この運用にも臨時用車両が充当された(短区間のシャトル運転のため集団離反式にシートを固定した状態であった)

 通勤需要が大幅に減じた状況であったからできたことであったが、そういう状況の中でも通勤せざるを得ない通勤客には好評を博した。これらの措置は1回目の緊急事態宣言解除と共に一旦終了したが、その後も不定期的に実施されている。

(2)令和3年3月ダイヤ改正の内容

 令和3年3月13日に実施されたダイヤ改正では、前述の☆印の項目を基本ダイヤ化し、さらに、深夜時間帯の需要減への対応と夜間の保守間合拡大を企図して終電の30分前倒しを実施している。

A 青海線・水澄線のダイヤ見直し

A-1 日中運転の特急の一部区間普通列車化と急行区急

 このことについては南西急行から「一時的なものに非ず」というアナウンスがなされており、沿線の自治体を愕然とさせた。ただし、両線末端区間の日中時間帯は特急30分ヘッド、普通30分ヘッドの運転本数が輸送力過剰であるとかなり前から指摘されており、南西急行としてはその状態をコロナ禍に乗じて是正した、というのが正しい表現であろう。また、この措置を、例の巨大スポーツイベントに関する方針が不確定の状態で確定的に実施しているということは…南西急行は今後の両線の輸送需要を楽観視していないことを示している。

 これにより、この時間帯の特急(部内的には区間特急と呼んでいるらしい)は、八浦青海ヶ浦間、矢積水澄間の所要時間が40分から60分に延びて速達性は毀損した。しかし、この区間の特急料金を徴収しないことで実質的な値下げともなっているのである。

 なお、いわゆる区間特急は、普通列車区間においては1~3号車が特急券無しで乗車できる車両と指定されており、1~3号車は八浦矢積以北の区間のみ特急券を発売する。4~8号車は八浦矢積を跨がった区間の特急券を発売するが、発売額は八浦以南・矢積以西を除外した距離に応じたものとなる。

A-2 平日夜間上り特急の一部区間普通列車化を休日にも拡大

 従来のダイヤでは、青海線水澄線とも平日夜間のラスト各3本の特急をそれぞれ八浦矢積まで普通列車としていたが、今回の改正では、これを各4本に拡大したうえで休日にも適用することになった。これにより、平日・休日の特急のダイヤが統一される。

A-3 水澄線シャトル列車の運休

 水澄東口駅に併設された巨大駐車場施設「パークターミナル」用のアクセス列車として30分ヘッドで運転されていた水澄東口水澄間のシャトル快速列車は、令和2年4月の1回目の緊急事態宣言後に運休となっているが、今回のダイヤ改正で定期スジからは削除された。ただし、この列車は水澄東口駅改良工事の費用に地元や県の負担金が投入されている経緯から完全廃止はできず、将来の需要の回復を見て復活運転するとしている。

B 青海線・水澄線普通列車の全8両化

 令和2年4月の緊急事態宣言後のダイヤ見直しで、日中の特急の区間特急化、急行区急化を行った結果、青海線水澄線の日中の普通列車を4両に減車する必要性が無くなったため、今回の改正以降、一般用車両の4両編成、すなわち2600系を8両固定編成として運用することとなった。

 これにより、分割・併合に要する要員の削減と、保守・保有コストが大きい制御車を削減することによるコストダウン効果が期待される。輸送力過剰となる場面が生じても、それによるコストアップよりもコストダウン効果の方が大きい、という経営判断による。ただし、一部筋では…将来的には2600系の8両編成の中間の2両を抜いて6両編成化するのではないか、との予想もある。

C 終電の繰り上げ

C-1 東京線

 東京線(急行線)については、従来のダイヤでは新宿発23時台から下り列車が区快となる「深夜パターン」に移行し、0:30過ぎに終電を迎えるという様相であったが、今回のダイヤでは深夜パターンの時間帯がまるまる30分間縮まって0:00過ぎに終電になる。

 上り列車も、それに合わせて深夜パターンとなる時間帯が30分間短くなる形で終電繰り上げが行われている。

C-2 NEWS-Line

 東京線の緩行線 すなわちNEWS-Lineでも、いわゆる深夜パターンとなる時間帯を30分短くする形で終電繰り上げを実施した。

 NEWS-Lineはもともとのダイヤでも帰宅ラッシュ対応パターンとなっている時間帯が長く(旗塚発車場面で17~22時台)、輸送力が過剰と指摘されており、今回の改正で運転本数を調整するのではないかと言われていた。しかし、終電繰り上げにより輸送需要が前の時間帯にシフトすることを考慮して、帰宅ラッシュ時のダイヤは現状維持とされている。

C-3 青海線・水澄線

 青海線水澄線の下り列車は、美咲口においては前回の令和2年3月ダイヤ改正で終電繰り上げが実施されているため、今回の改正ではさらなる繰り上げはなされていない。ただし、東京線の終電繰り上げの影響は微妙に受けていて、東京線からの直通急行区急化がラスト各1本から各2本に拡大されて急行各1本分輸送力が落ちている。八浦矢積場面では、それぞれ従来の下り鶴神温泉行・戸張行最終列車を廃止する形で終電が繰り上げられている。

 上り列車については…逆に、青海線では青海ヶ浦発の従来の最終1本前の普通鶴神温泉行から八浦行に延長され、水澄線でも水澄発23:40戸張普通が増発されている。これらは車両運用の辻褄合わせのためで、いずれも下り列車がまだ運転を終了していない時間帯に走行する便であり、保守作業間合を痛めてはいない。

D 特急ひよどりのダイヤ見直し

 美咲空港アクセス向けの短距離特急ひよどりは、

 …とハイペースで増強されてきたが、コロナ禍で航空需要が大幅急減したため、令和2年4月の緊急事態宣言後に全列車が運休する事態となった。

 今回のダイヤ改正では、列車の設定としては平成28年12月ダイヤ改正の定期列車4往復のみを残している。平成30年7月ダイヤ改正で増発した1往復は、早朝の下り列車は北千住04:50発で一般列車の初電よりも早く、深夜の上り列車も北千住01:05着と新東京メトロ谷町線の保守間合を縮めてまで設定したものであり、コロナ禍の状況下では不適切なものとしてスジそのものを消滅させている。NEWS-Line3社は、今後状況が改善しても、よほどの大需要が発生しない限りは再設定しないと方針を定めているようである。また、スジとして残る4往復にしても、当面は運休扱いとなる(2021年10月14日から復活運転)


最近の更新
アクセス数
累計: 3280590
本日: 0
昨日: 0
一昨日: 0

Contents